ひろ~い岩手の観光情報は、検索が便利!
MENU
イベント 観光スポット 食とおみやげ
温泉 観光コース いわて旅の予約
季節の情報 旅の特集
わんこきょうだい いわての旅動画集
観光パンフレット 観光写真ダウンロード
教育旅行 バリアフリー情報
アクセス マイルート
旅行代理店・企業・団体の皆さま
賛助会員へのお知らせ
協会の概要
賛助会員一覧 お問合せ一覧
資料請求/お問合せ サイトマップ
languagelanguage
ENGLISH簡体中文
한국어繁体中文
ไทย

教育旅行

「北いわて・学びのプログラム」普代村編

関連カテゴリ: 震災学習震災学習

ポイント!

過去の大震災・大津波で多数の被害者(普代村では、1896年の明治三陸地震で302名、1933年の昭和三陸地震で137名の犠牲者)を出した苦い経験から、村は津波から住民を守る防壁設置を検討、このうち普代水門は1984年に完成した。建設費は約36億円で、太田名部堤防と合わせて県の事業として行われ、総工費計約36億円のうち一割程度を村が負担しました。普代水門の高さは、計画時に高すぎると非難を浴びましたが、当時の村長は「2度あることは3度あってはならない」と譲りませんでした。

 
アクセス 久慈駅
連絡先 久慈広域観光協議会(久慈市中央3-38-2)
電話番号 0194-53-5756
FAX 0194-66-8006
ホームページ http://www.kuji-tourism.jp launch
体験メニュー 内容 期間 人数 所要時間 料金
普代水門の建設経緯と大津波の歴史(現場見学及び取組み説明(語り)) 要相談 通年 ~300人程度まで(一回あたり。但し、班編成による。) 60分 要相談
大震災時、水門閉鎖等の状況と村の対応状況(現場見学及び取組説明(語り))※漁港施設等の被害が有りましたが、人的被害はありませんでした。  ※各60分の現場視察・案内プログラム。(現場及び室内での案内[語り]含む) 要相談 通年 ~300人程度まで(一回当たり。但し、班編成による) 60分 要相談
周辺地図

「体感!感動!ワクワクいわて 岩手県教育旅行ガイド」
観光パンフレット 観光写真ダウンロード