ひろ~い岩手の観光情報は、検索が便利!
MENU
イベント 観光スポット 食とおみやげ
温泉 観光コース いわて旅の予約
季節の情報 旅の特集
わんこきょうだい いわての旅動画集
観光パンフレット 観光写真ダウンロード
教育旅行 バリアフリー情報
アクセス マイルート
旅行代理店・企業・団体の皆さま
賛助会員へのお知らせ
協会の概要
賛助会員一覧 お問合せ一覧
資料請求/お問合せ サイトマップ
languagelanguage
ENGLISH簡体中文
한국어繁体中文
ไทย

北三陸、北いわてを訪ねる

カシオペアメッセ なにゃーと(二戸市)

「なにゃーと」の名称は、二戸地方などに伝わる盆踊り「なにゃとやら」に由来したもの。観光物産センターやイベントホール、会議室を備えた施設で2002年東北新幹線二戸駅開業に合わせてオープンしました。2012年12月1日で10周年を迎え、二戸地方観光の拠点として広く利用されています。
外観は、”にゃー”というかわいいネーミングからは想像できない近代的な建物で、高さ31mの展望室を備えたタワー棟がひときわ目を引きます。夜はイルミネーションに彩られ美しく、展望室からは360度眺望可能です。
充実のおみやげ売り場やレストランもあり、旅の相談に応じてくれる案内所もありますのでどなたでも気軽にご利用いただけます。


  • 二戸のシンボル「なにゃーと」。

  • タワー棟がひときわ目を引きます。

  • 北東北のおみやげがたくさん!

  • 雑穀の里らしい商品も。

  • 素朴な味わいが魅力です。
カシオペアメッセ なにゃーと

●所在地 二戸市石切所字森合68番地
●アクセス 新幹線二戸駅隣接/八戸自動車道一戸ICから車で約10分
●お問い合わせ 0195-23-7210
●利用時間 レストラン11:00〜20:00/物産センター8:40〜19:00/観光案内コーナー9:00~18:00 ※年中無休
●ホームページ カシオペアメッセ なにゃーと

二戸市シビックセンター(二戸市)

シビックセンターは、地域情報センター(1階)、福田繁雄デザイン館(2階)、田中舘愛橘記念科学館(3階)などを備えた施設。日本を代表するグラフィックデザイナー福田繁雄氏の作品を数多く紹介している「福田繁雄デザイン館」は、氏の業績やトリックアート作品などが常設展示されており、ユーモアあふれる作品をいつでも見ることができます。また、同市出身で日本における物理学の基礎を築き、多くの後継者を育てた田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)博士の生涯や業績を紹介する「田中舘愛橘記念科学館」では、サイエンスショーや実験・工作が楽しめる科学実験体験工房、自由工房など備えてあり子どもから大人まで気軽に科学に親しんでいただけます。
※福田繁雄デザイン館撮影禁止(今回は許可を得て撮影しています)


  • 一見、ただの柱に見えるモニュメントをセンター2階にある定点から見ると田中舘愛橘博士の顔が現れます。

  • 入館するとまず迎えてくれる大きなタペストリー、福田繁雄作品万国旗のモナ・リザ。

  • 福田繁雄作品の一部。見たことがある方も多いはず!

  • 地域情報センターでは二戸の歴史、文化を紹介しています。

  • 田中舘博士の業績などを紹介する田中舘博士記念工房。
二戸市シビックセンター

●所在地 二戸市石切所字荷渡6-2
●アクセス 二戸駅から徒歩約15分/八戸自動車道浄法寺ICから車で約20分、一戸ICから車で約15分
●お問い合わせ 0195-25-5411
●利用時間 シビックセンター9:00〜21:00(月曜日は〜17:00)、田中舘愛橘記念科学館、福田繁雄デザイン館は9:00~17:00(入館16:30まで)
●休館日 第四月曜日、祝日の翌日及び年末年始(12月29日から1月3日)※科学館・デザイン館は、上記のほか毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
●入館料 田中舘愛橘記念科学館 一般・高200円、小・中100円、福田繁雄デザイン館 一般・高200円、小・中100円、共通券 一般・高360円、小・中180円
●ホームページ 二戸市シビックセンター

南部美人(二戸市)

明治35年創業の老舗の酒蔵。豊かな自然、豊富な水に恵まれた南部の国と称されたこの地で美しい酒質イメージから昭和26年に名付けられたのが「南部美人」の銘柄。
高精白の原料米を用い、ていねいに醸されたお酒は淡麗で、きりりとした酒質が特徴。その他にも特許を取得した糖類無添加シリーズの梅酒をはじめとしたラインナップも人気の商品です。また、2012年秋、岩手県陸前高田産「北限のゆず」を100%使ったリキュール糖類無添加「北限のゆず」酒を発売。初回発売500本分は震災復興のため陸前高田へ全額寄附しました。苦みやえぐみがすくなく、優しい味わいと好評のゆず酒。売上の中から今後も寄附を続けて行く予定のこと。岩手を愛し地域全体の発展を心から願う五代目蔵元久慈浩介さんは、平成23年度地域づくり総務大臣表彰優秀賞を受賞しました。
※「北限のゆず酒」は農事組合法人陸前高田ふれあい市場のみで取り扱っています。


  • 糖類無添加「北限のゆず」酒。ラベルデザインは、専務で五代目蔵元の久慈浩介さん自ら行いました。売上の5〜10%を陸前高田へ寄附していく予定だそうです。

  • 馬仙峡から湧きでる清らかな水が美味しいお酒をつくるのです。

  • 南部美人の前掛けを付けていただき大喜びのこくっち。

  • 蔵の見学をさせていただきました!

  • 全国にファンを持つラインナップ。

  • 玄関前で。久慈さんありがとうございました!
南部美人

●所在地 二戸市福岡字上町13
●アクセス 二戸駅からバス(車・タクシー)で約5分/八戸自動車道一戸ICから車で約15分
●お問い合わせ 0195-23-3133
●ホームページ 南部美人
※酒蔵見学は11月〜3月(要予約)

レストラン ボヌール(二戸市)

ボヌールとはフランス語で「幸福」という意味。その店名の通り、明るい店内で運ばれてきた美しい盛り付けの料理を見ただけで幸せ気分になれるお店です。フレンチからイタリアンまで楽しめますが、ランチタイムは、ハンバーグやオムライスなどの定番の洋食やパスタ、丼ものなどメニューが豊富。ランチなら1,000円前後というプライスも嬉しい!夜は、落ち着いた雰囲気でお酒も楽しめます。二戸駅から徒歩5分程の立地で、休日には遠方からのリピーターも多いのだそうです。


  • ハートがポイントの看板がお出迎え。

  • 一番人気の、佐助豚を使ったハンバーグ。

  • こちらも人気メニュー「オムライス」。

  • こちらは「焼肉プレート」。このボリュームが嬉しい!

  • 笑顔がさわやか、オーナーシェフの古舘さん。
レストラン ボヌール

●所在地 二戸市石切所字枋ノ木17-1
●アクセス 二戸駅から徒歩約5分/八戸自動車道一戸ICから車で約15分
●お問い合わせ 0195-26-9015
●営業時間 昼12:00~13:00、夜18:00~23:00(L.O22:45)不定休

滴生舎(てきせいしゃ)(二戸市)

東北の古刹「天台寺」の傍らに経つ「滴生舎」は、浄法寺の漆を使った漆器や漆芸品を展示販売している施設。施設内は工房を兼ねており、見学や絵付け体験も行っています。漆の生産日本一の浄法寺。当地の漆は、多くの日本の国宝や重要文化財の修理、修復にも使われ、重要な役割を果たしています。浄法寺では漆の文化を絶やさないよう漆掻き職人たちが木を育て、塗り師たちは国産漆にこだわった漆器を作り続けて伝統を守っています。
漆器は、抗菌性にすぐれ軽くて壊れにくく、熱が伝わりにくいため熱い汁物などが入ったものでも手で持つことができるとてもやさしい器です。日常使いに取り入れられるようシンプルで使いやすいデザインが特徴。質問や相談にも応じてもらえますので気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。


  • 趣のある外観。

  • シックでつややか、あったかいフォルム。シンプルながら存在感ある商品がずらり。

  • 昔から伝わる生活食器「片口」。どぶろくなどを入れるものですが、食器や花器に使ってもステキ。

  • こくっち、工房を見学中!

  • 絵付け体験では「わんこきょうだい」を描きました。

  • かわいく出来上がりました。

  • 絵付け体験作品例。

  • 皆さん、ありがとうございました!
滴生舎

●所在地 二戸市浄法寺町御山中前田23-6
●アクセス 八戸自動車道浄法寺ICより車で約5分
●利用時間 8:30~17:00 休業日/年末年始(冬季間は火曜日)※漆器の絵付け体験等有料(要予約)
●お問い合わせ 0195-38-2511
●ホームページ 滴生舎

こくっちオススメ



  • チーズクリームをスポンジケーキで巻いた手のひらサイズのロールケーキ。
    「どんぐり堂」で25年程前から発売されていたのだそうですが、”美味しい!”と評判を呼び、今では遠方から買いにくる方も増えているそうです。
    しっとりとしたスポンジケーキとなめらかなクリーム、ほんのり塩味のするケーキです。

    ●所在地 二戸市福岡字上町6
    ●アクセス 八戸自動車道一戸ICから車で約15分
    ●利用時間 9:00~19:30 日曜は11:00~、不定休、1/1~1/3休
    ●お問い合わせ 0195-23-2841



  • 地元で戦前から愛されたきた銘菓。表面に砂糖をまぶしてあり中はやや平たくした小豆餡入りの饅頭です。見た目ほど甘さはしつこくなく、しっとりした生地と餡、砂糖の口溶けが相まって品の良い味。名前の由来は、発売した店舗「日光屋」からつけられたのだとか。誕生したのは明治時代。砂糖が高価だった時代に発売され、大人気のスイーツだったようです。
    現在は、技術を受け継いだ菓子店で製造販売しています。

    ●所在地 二戸市福岡落久保25‎
    ●アクセス 八戸自動車道一戸ICから車で約15分
    ●お問い合わせ 0195-23-3136

※掲載の内容は、2013年2月13日、14日のものです。