ひろ~い岩手の観光情報は、検索が便利!
MENU
イベント 観光スポット 食とおみやげ
温泉 観光コース いわて旅の予約
季節の情報 旅の特集
わんこきょうだい いわての旅動画集
観光パンフレット 観光写真ダウンロード
教育旅行 バリアフリー情報
アクセス マイルート
旅行代理店・企業・団体の皆さま
賛助会員へのお知らせ
協会の概要
賛助会員一覧 お問合せ一覧
資料請求/お問合せ サイトマップ
languagelanguage
ENGLISH簡体中文
한국어繁体中文
ไทย

観光スポット

新渡戸稲造碑

ニトベイナゾウヒ

 市民の憩いの場、盛岡城跡公園(岩手公園)に建つ「願はくはわれ 太平洋の橋 とならん」の碑は、盛岡生まれで、のちに国際連盟事務次長をつとめた新渡戸稲造のもの。新渡戸は英文学を学ぶ目的は、という教授の質問に「自分は許されるならば、太平洋の橋となりたいと思う。日本の長所を西欧に紹介し、西欧の長所を日本に紹介する橋渡しの役を務めたい。だから英語に精通する必要があるのです」と答えたといわれています。

基本情報

連絡先名 (公財)盛岡観光コンベンション協会
所在地 〒020-0000 盛岡市内丸(盛岡城跡公園(岩手公園内))
電話番号 019-604-3305
FAX番号 019-653-4417
ホームページ http://www.odette.or.jp/launch

アクセス&マップ

ルート1: 盛岡駅 → 【バス5分】 中央通一丁目バス停 → 【徒歩5分】 新渡戸稲造碑

ルート2: 盛岡IC → 【車20分】 新渡戸稲造碑

マイルートに追加する

ゆかりの人

新渡戸稲造

盛岡市出身の農学・法学博士で思想家、国際人。札幌農学校・東京大学で学んだ。卒業後に欧米へ留学し農学・経済学などを学ぶ。その後国際連盟事務次長などを務め、各国の政治家、思想家、学者らと交流を重ねて、「われ太平洋の橋とならん」という自己の理念に基き、諸外国の日本理解のために努力した。日本人の思想に関する英論文『BUSIDO-THE SOUL OF JAPAN』はその代表作であり、日本文化の紹介書として各国語に翻訳されている。

「体感!感動!ワクワクいわて 岩手県教育旅行ガイド」
観光パンフレット 観光写真ダウンロード